心理学を学んだきっかけ

記事投稿 : 2018-04-12 15:47

心理学とは人間の心理について学ぶ学問です。もともとなんで私が心理学を学ぼうと思ったかというと、きっかけは、トラウマを持っている友達がいたことです。

その友達は、小さい頃に父親から暴力を受けていました。親が離婚し母親に引き取られたので暴力を受けることはありませんでしたが、暴力を受けていた頃のトラウマで大きな声に過敏に反応し、近い距離で手を上げる人がいたら目をつぶって震えてしまうようになっていました。

高校に入るとその反応を楽しがるやつらが現れ、友達は苦しむように。私はいつも相談を受けていたのですが、具体的な解決策を見つけることができず、ただそばにいてあげるだけでした。そんな自分が嫌で、なにか助ける方法はないかと考えた結果が心理学でした。

時間は掛かってしまいましたが、心理学のおかげで友達の心のケアができ、今ではそのトラウマがなくなりました。きっかけは友達でしたが、今では多くの方のトラウマを解消してあげられたらと思っています。

PR